仕事内容

設計部門

社会基盤整備の最前線に立つ土木や建築の設計は“地図に残る仕事”。社会インフラの構築・整備を通じて、地域や経済の発展、生活向上に貢献します。建設物の老朽化、自然災害に伴う補修設計や維持管理のニーズに対応するため、3次元モデルを導入して効率化・高度化を推進。このような最新技術や設備を活用してスキルを磨き、それぞれの分野のプロフェッショナルを目指します。

仕事内容
  • 土木設計、上・下水道設計
    「道路」「河川」「ダム・砂防」「上・下水道」の4つの専門部署を中心に、お客様との打ち合わせから設計、提案までを担当。近年では新設だけでなく、老朽化した既存施設の長寿命化や維持保全に配慮した改修や防災計画の提案も増えています。
開発部門

その地域の個性やインフラを活かしたまちづくりをテーマに将来を見据えたプランニング、社会性と事業性、自然との調和、さらに歴史や文化を大切にしながら地域の活性化にも取り組んでいます。多発する自然災害、少子高齢化を背景にだれもが安心して暮らせる魅力あるまちづくりを推進します。

仕事内容
  • 開発計画・設計
    地域の個性を活かした、住宅地から工業団地、商業施設、福祉、観光・スポーツなどのまちづくりを計画立案。社会性と事業性の調和を図りながら、そこで暮らす人たちの視点に立った安全で魅力あるまちづくりを推進します。
  • 建築設計
    公共施設をはじめ商業施設やオフィス、工場、福祉施設などさまざまな建築物の設計・工事監理など。景観や自然環境に配慮した意匠、利便性や経済性にも考慮し、その地域に合った建物を追求します。
調査部門

土木設計やまちづくり計画の基礎情報として土地の形状や面積を正確に測る測量。人の生活環境を守り、自然環境との調和を図るため、さまざまな環境要素を調査する環境調査。正確なデータを提供するとともに、分析・評価、保全対策の提案など一貫した業務を通じて、環境と調和した地域づくりとインフラ整備をサポートします。

仕事内容
  • 測量調査
    専用機器を用いて土地や道路、河川など地表上の各点の位置関係を正確に測り、さまざまな用途の図面や資料を作成します。また、土地の境界確定に必要な各種申請手続きを行います。技術の精度とスピードはもちろん、現場条件や顧客の要望に応じて臨機応変な対応が求められる仕事です。
  • 環境調査
    騒音・振動、水質、大気質などの生活環境項目から動植物、地形地質、景観などの自然環境項目まで、さまざまな環境要素の調査と解析、保全対策の検討を行い、報告書にまとめます。環境分野の専門知識だけでなく、法律や行政手続き、住民対応など幅広い知識と技術が求められる仕事です。